あまの歯科

大阪市西区九条の歯医者・歯科 昭和23年創設・地域密着 地元に根差した歯医者さん“あまの歯科”

IMPLANT
HOME > インプラント治療

インプラント治療

歯を失ったり、入れ歯が合わずにお悩みの方には、インプラント治療で食事をおいしく、会話を楽しく行なっていただき、明るい笑顔で過ごしてほしいと思います。

インプラントは「第二の永久歯」とも呼ばれており、お口の悩みを解決し得る有効な治療方法です。 しかし、インプラント治療にはメリットもデメリットもございますので、当院では十分な説明とカウンセリングを行なってご理解・ご納得いただいた上で、治療を行なっています。

あまの歯科のインプラント治療はここが安心!

当院のインプラント治療は、『歯科用3D・CTレントゲン』と『セレック(口腔内スキャナー)』を導入し、鮮明な3Dデータを使ってよりリアルに、また、より緻密にシミュレーションを行なった上で進めますので、精密な治療を行なうことができます。

セレックについて詳しくはこちら

また、当院では、お一人おひとりの歯型に合わせた「サージカルガイド」を作製するため、手術では角度や深度、位置などを事前のシミュレーション通りに行なうことができ、精度を高めることができますので、安心してインプラント治療を受けていただくことができます。

あまの歯科のインプラント治療はここが安心!
あまの歯科のインプラント治療はここが安心!
あまの歯科のインプラント治療はここが安心!

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療は、むし歯や歯周病などで失ってしまった歯の代わりに、あごの骨にインプラントを埋め込み、その上に人工歯根を装着することで、自然歯に近い見た目や噛み心地を回復できる治療です。

入れ歯治療によるブリッジや部分入れ歯のように、他の歯に過度な負担を掛けてしまって健康な歯を失うリスクがなく、また総入れ歯のようにずれたり、間に物が挟まったりして、噛むたびに歯ぐきが痛むようなこともありません。

歯を失ったまま放置していると

歯を失ったとしても食事や会話はともかく(慣れてくればそれも平気になることもあります)、他に何らかの影響がすぐに出るわけではありませんので、「そのうち何とかしよう」と放置している人も多いでしょう。

ですが、歯は1本1本がお互いを補完しあってバランスをとっています。

失った歯が一本であっても、そのバランスが崩れ、他の歯や全身(骨格のバランスや内臓など)にまで影響を及ぼしてしまいます。例えば、失った歯を放置しておくことで次のようなリスクがあります。

歯を失ったまま放置していると
  • 残っている健康な歯に強い負担がかかり、歯の寿命が縮まる
  • 抜けた歯の隣の歯が傾いたり、噛み合っていた反対の歯が伸びる
  • 歯並びや噛み合わせが乱れて顎関節症を引き起こし、矯正治療が必要になる
  • 抜けた歯部分の骨が痩せ、歯ぐきが下がる
  • 咀嚼力が低下し胃腸に負担がかかる
  • あごの輪郭が変わり、顔の左右バランスの崩れやシワ・たるみが増える原因になる
  • 歯の本数が少ない人ほど、認知症や動脈硬化が起こりやすくなる
  • インプラントと
    入れ歯&ブリッジの比較

    インプラント治療は失った歯を補完し、快適な生活を取り戻せる有効な治療方法です。

    最大のメリットは、自然歯と同じようにあごの骨にしっかり結合したインプラントの上に人工歯をつけることです。

    ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

    デメリットをきちんと理解しておくことはインプラント治療で失敗しないために、また、インプラントを長く使用するために重要です。

     
    入れ歯
    ブリッジ
    インプラント
    噛む力や見た目の回復度
     
    入れ歯
    ブリッジ
    インプラント
    メリット ・外科手術が必要なく、ほとんどの方に適応できる
    ・健康な歯を削る必要がない
    ・保険適用されるものもあり安価
    ・取り外せるため、お手入れがしやすく衛生的
    ・入れ歯より安定感がある
    ・治療期間が比較的短い
    ・入れ歯より見ための違和感が少ない
    ・保険適用範囲内なら安価
    ・安定感があり、噛む力や見た目が天然歯とほぼ同じ
    ・長期使用が可能
    ・周りの歯に負担がかからない
    ・メンテナンスの煩わしさがない
    ・発音や食事にも違和感がない
    デメリット ・他の治療と比べ安定性が悪く、噛み心地や食感に違和感がある
    ・部分入れ歯の場合、支えるバネが見えてしまうことがある
    ・あごの骨や歯ぐきがやせたり、入れ歯自体の摩耗によって入れ歯の調整や作り替えが必要
    ・土台となる健康な歯を削る必要がある
    ・土台になる歯に負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまう
    ・固定されているので、ブリッジ周りの汚れを取りにくく不衛生になりがち
    ・外科手術が必要
    ・術後に痛み、腫れ、出血の可能性がある
    ・天然歯に比べて感染には弱い
    ・治療に時間がかかる
    ・保険適用外なので高額

    ※すべての治療に定期的なメンテナンスが必要です。

    入れ歯
    噛む力や見た目の回復度
    入れ歯
    メリット ・外科手術が必要なく、ほとんどの方に適応できる
    ・健康な歯を削る必要がない
    ・保険適用されるものもあり安価
    ・取り外せるため、お手入れがしやすく衛生的
    デメリット ・他の治療と比べ安定性が悪く、噛み心地や食感に違和感がある
    ・部分入れ歯の場合、支えるバネが見えてしまうことがある
    ・あごの骨や歯ぐきがやせたり、入れ歯自体の摩耗によって入れ歯の調整や作り替えが必要
    ブリッジ
    噛む力や見た目の回復度
    ブリッジ
    メリット ・入れ歯より安定感がある
    ・治療期間が比較的短い
    ・入れ歯より見ための違和感が少ない
    ・保険適用範囲内なら安価
    デメリット ・土台となる健康な歯を削る必要がある
    ・土台になる歯に負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまう
    ・固定されているので、ブリッジ周りの汚れを取りにくく不衛生になりがち
    インプラント
    噛む力や見た目の回復度
    インプラント
    メリット ・安定感があり、噛む力や見た目が天然歯とほぼ同じ
    ・長期使用が可能
    ・周りの歯に負担がかからない
    ・メンテナンスの煩わしさがない
    ・発音や食事にも違和感がない
    デメリット ・外科手術が必要
    ・術後に痛み、腫れ、出血の可能性がある
    ・天然歯に比べて感染には弱い
    ・治療に時間がかかる
    ・術前、術後など定期的なメンテナンスが必要
    ・保険適用外なので高額

    ※すべての治療に定期的なメンテナンスが必要です。

    インプラント治療で快適に過ごしましょう!

    インプラントは、入れ歯と違って機能性と審美性に優れています。

    硬い食べ物や、噛み切りにくい食べ物は入れ歯や欠けた歯ではなかなか噛めませんが、インプラント治療で思いきり噛めるようになり、楽しく食事ができます。

    食べ物をしっかり咀嚼して食べることは健康を守る上で大切ですが、咀嚼できないと胃腸に負担がかかり、体調を悪くする原因になるほか、入れ歯や欠けた歯のままでは、偏った噛み癖がついてしまい、健康な歯の寿命を縮める原因にもなります。

    入れ歯治療より優れている点

    入れ歯治療より優れている点
  • 入れ歯を取り外して洗浄するなど、手を煩わせない
  • 発音が正しくできるようになる
  • 口元を気にしなくてよい
  • 歯を失ってお悩みの方は、一度インプラント治療をご検討ください。

    インプラントの治療費用はこちら

    Page Top